BLOG

高知県沖の定置網でGladius miniのデモ潜航を実施しました。

2018年12月15日(土)高知県須崎市の九石大敷組合様所有の定置網にて水中ドローンGladius miniのデモ潜航を実施いたしました。

当日は天気にも恵まれ、波も落ち着いている中でデモを行うことができました。従来の定置網の点検では、発注してから実施までがかなり時間がかかってしまい、迅速な対応ができないとのことでした。

今回、Gladius miniからの映像をリアルタイムで見ていただいて、綺麗な映像と機体の性能、操作性に驚いている様子で、九石大敷組合の方は「定置網の構造を知っている我々が操作をマスターできれば、活用出来そうだ。」とおっしゃっていました。

 

実際に、Gladius miniのチルト調整を行うことで、簡単な操作で網の様子をしっかり確認できたので、性能の良さを再確認することができました。

国民民主党党首の玉木 雄一郎 様、高知県議会議員の前田 強 様の視察隊がいらっしゃいましたが、「漁業とドローンなどの新テクノロジーを組み合わせることで、業務の効率化、漁獲量の増加に繋げていけるのではないか。」とおっしゃっていました。

水中ドローンの活用を検討している企業様がおりましたら、お気軽にご連絡ください。

先週、とある地方の定置網漁にてグラディウスミニが活用できるか実証試験を行ってきました。かなり透明度の高い海で天気も最高でしたので空のドローンも飛ばして、空と海の両方の撮影をしました。早朝に漁をしたあとだったのであまり魚はいなかったの…

水中ドローン「グラディウス」さんの投稿 2018年12月17日月曜日

関連記事一覧